導入することで出来る新たなサービス

■ネット環境には繋がっていないものの、タブレット端末にすることにより、お客様に新たなサービスと情報をお伝えすることが可能になります。以下に、ほんの一例としてお伝えさせて頂きます。

 本来の「飲み物」「食べ物」ボタンの他に『おみやげ』ボタンを作られてはいかがでしょうか?
居酒屋さんの場合ですと、飲んで食べて終わりのところを『みやげ』ボタンをつけることにより、「二次会の自宅でちょうどいいんじゃない。」「子供喜ぶかな?」など、ちょっとしたお土産に…、または提案内容が土産ではなく『朝食』ですと、「明日も早いし、妻に迷惑かけると悪いから頼むか!」などなど、皆さんアルコールの勢いで多少財布のヒモがゆるみがちになっているのでピッタリのサービスです。

「広告欄」を使用し、他社あるいは自社の製品・広告・イベントを載せてみてはいかがでしょうか?
お店で取り扱っているお酒を贈答品に送るシステムや、10周年祭生ビールOO円!!など詳しいイベント広告を載せたり、あるいは他社の商品を販売することによる手数料収入、他社の広告を載せることによる広告収入など今までは得られなかった収入を得ることが可能になります。

メニュー画面にスロットなどのゲーム機能を持たせてはいかがでしょうか?
お客様が楽しみながらお食事ができ、またゲームに勝ったら何かをプレゼントするなど、お客様もワクワクし、お店にも活気が生まれ「また来たいな」と思わせることができます。


上記のように、情報をたくさん詰め込むことが出来るようになり、紙媒体のメニュー表とは比べ物にならないくらい、サービスの幅が広がります。私たちが思いつかないだけで、まだまだ沢山のサービスを提供することが可能です。

皆様のお声を最大限取り入れて、お店が良いサービスを提供できるようにいたしますので、些細なことでも皆様のご意見をお待ちしております。